どんなときも、私は私(仮)

  若い時、老いの時   健康な時、病気の時   皆と一緒の時、独りの時     どんなときも、私は私

去年買った宿根草。
名前をまだ覚えきれない。

IMG_4278b


IMG_4290b
紫の花をいっぱいにつけていて、なかなか豪華。

ユリは、エゴノキとヤマボウシの木の下で、咲いている。

IMG_4234b


IMG_4252b

ゼラニュームは、去年苗で買ったものを、玄関で冬越えさせた。
IMG_4254b
苗で買ったものよりも、花が小さい。
庭にこぼれ種で育ったものや、冬越えさせたものは、どんどん変化して我が家の庭に適応しているようだ。

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
※「〇数字」は料理名。「・」は食品名。食品名のあとの数字は食品のグラム数。

夕食
〇晩ごはんの味
・ステーキやトンカツは無理だが、肉も調理の仕方で楽しめる。
・ナッツは、一日の単位数で表5油脂が不足していると分かるので、それを補うため。ごはんのおかずとしては変だが、慣れるとけっこういける。
・我が家では、以前からみそ汁を欠かさない。これが、栄養バランスとおいしさにつながる。
・野菜は、サラダとおひたしで、楽においしく。
・ヨーグルトに小さじ1でもハチミツが入ると、確実に甘さを感じる。
・ソウメンコンニャクは、単位数にカウントしなくてもよいらしい。うまいし、たれの味がけっこうおかずになる。
DSC_1221b
①ごはん ・精白米200
②みそ汁 
・みそ10 ・ジャガイモ30 ・フノリ(乾燥)1
③ゆで豚のダイコンおろしのせ
・豚肉(薄切り、脂を取る)120 ・ダイコン
④おひたし ・ホウレンソウ(ゆで)+すりゴマ40
⑤サラダ ・レンジ調理のキャベツ42  ・トマト30 ・油いためモヤシ15
⑥ヨーグルト ・プレーンヨーグルト60 ・ハチミツ(小1)7 

〇夕食の単位数
・表1 4単位 ・表2 0単位 ・表3 2単位 ・表4 0.5単位 ・表5 0.5単位 
・表6 265g ・調味料 0.55単位

※『糖尿病食事療法のための食品交換表』 編・著者 一般社団法人 日本糖尿病学会 第7版
※「〇数字」は料理名。「・」は食品名。食品名のあとの数字は食品のグラム数。

朝食
〇朝ごはんの味
・朝ごはんの卵焼きは、具が入って、単位数も計算しやすく、なにより食べやすい。
・ヨーグルトのトッピングは、オレンジのラズベリー、爽やか。

DSC_1216
①ごはん ・精白米200
②みそ汁
・みそ10 ・えのき35 ・わかめ4
③たまご焼き
・卵50 ・砂糖小1/2 ・醤油小1/4 ・サラダ油小1/4 
④ヨーグルト ・プレーンヨーグルト60
⑤おひたし
・ほうれん草(ゆで)60 ・白菜(ゆで)60 ・すりごま1 

〇朝食の単位数
・表1 4単位 ・表2 0単位 ・表3 1単位 ・表4 0.5単位 ・表5 0.23単位 
・表6 159g ・調味料 0.33単位


昼食
〇昼ごはんの味
・チキンライスのケチャップ味がうれしい。油控えめ。ブロッコリーたっぷりで野菜も摂れる。

DSC_1217
①チキンライス 
・精白米200 ・鶏ムネ肉80 ・ニンジン30 ・タマネギ20 ・セニョリータ15 ・ブロッコリー(ゆで)40 ・ケチャップ大2 ・サラダオイル小2 ・塩コショウ 
②冷ややっこ ・木綿豆腐80
③サラダ
・トマト43 ・キュウリ
④ヨーグルト ・プレーンヨーグルト(ラズベリー)60

〇昼食の単位数
・表1 4単位 ・表2 0.05単位 ・表3 2単位 ・表4 0.5単位 ・表5 0.65単位 
・表6 178g ・調味料 0.6単位

 
夕食
〇晩ごはんの味
・リンゴがデザート。菓子類を食べなくなると、果物の甘さがよりいっそう分かる。
・トコロテンは、便秘対策で食べているが、だんだんとおいしさを感じるようになってきた。
・サラダに焼いたエリンギが変化を添えて、なかなかよい。

DSC_1218
①ごはん ・精白米200
②みそ汁
・みそ10 ・もやし30 ・サラダ油小1
③焼きナス
・ナス65 ・ショウガ少々
④サラダ
・レタズ30 ・ゆでアスパラ43 ・焼きエリンギ43 ・チーズ10  ・サラダ油小1
⑤ヨーグルト ・プレーンヨーグルト60 ・ラズベリー10
⑥焼きサケ ・サケ(甘塩)100
⑦トコロテン ・トコロテン150

〇夕食の単位数
・表1 4単位 ・表2 0.05単位 ・表3 2.1単位 ・表4 0.5単位 ・表5 0.66単位 
・表6 361g ・調味料 0.3単位

〇一日の単位数
・表1 12単位 ・表2 1.1単位 ・表3 5.1単位 ・表4 1.5単位 ・表5 1.49単位 
・表6 698g ・調味料 1.2単位

↑このページのトップヘ